本サイトはアフィリエイト広告を利用しています

クレジットカードを持っていない社会人。7つのデメリットとリスク

クレジットカードを持っていない社会人。失う便利さと7つのデメリット クレジットカード

クレジットカードを持っていない社会人は、何かを失っているのでしょうか?

クレカを持たない選択は、日常生活や将来において、どのような問題があるのでしょうか?

クレジットカードを持つことは、社会人にとって大きなメリットをもたらします。

支払いの便利さや利益を享受するためには、クレカを持つことが解決策となります。

この記事でわかること
  • クレジットカードを持たないことの7つのデメリット
  • クレジットカードを持つと便利なこと
  • 社会人がクレジットカードを持っておくべき理由

クレカを若いうちから持つことで、将来的にさまざまなメリットを享受できるんです。

クレジットカードを持つことは、社会人にとって大きな意味があります。

将来への投資として、クレジットカードの利用を検討してみることで、より便利で豊かな未来を手に入れることができるでしょう。

  1. クレジットカードを持たないことのデメリット7つ
    1. 1. 出費が増えるとお金のやりくりが難しくなる
    2. 2. 金融商品の知識を学ぶ機会がなく無知のままになる
    3. 3. クレジットヒストリーを作れない
    4. 4. 社会的信用が低いと思われてしまう
    5. 5. お得なクレジットカード特典が得られない
    6. 6. クレジットカード決済のみのショップやサービスを利用できない
    7. 7. 海外旅行では手間やデメリットが増える
  2. クレジットカードを持たないことのメリット
    1. 借金のリスクがない
    2. クレジット破産しない
  3. クレジットカードを持っていない社会人の印象とリスク
    1. クレジットカードを持ってないとおかしい?
    2. クレジットカードの必要性と社会人の生活
    3. クレジットカードがないことで生じる制約と不便さ
  4. 現金だけで生活するのは可能だが、クレカがあるとさらに便利
    1. クレカ決済は簡単便利で時短
    2. 現金よりクレカ決済の方が節約効果が高い
    3. 支払いまでに1ヶ月程度の猶予がある「あと払い」だから便利
    4. お得な優待ショップ割引やサービスの充実
    5. 旅行や買い物などのトラブル発生時の保険や補償
    6. 快適で便利なキャッシュレス生活と安心のセキュリティ対策
    7. 現金払いによる損をしてしまう
  5. 早めにクレカを持っておくと、いろんな恩恵を受られる
    1. 適正な収支管理が身に付き計画的な行動ができる
    2. 早いタイミングでクレジットヒストリー(利用履歴)が残せる
    3. クレカのステータスアップが可能
    4. 節約スキルが身に付き貯金ができる
    5. お得な年齢制限のあるカードを狙える
  6. クレジットカードを持ってない社会人が使える代わりの決済方法
    1. 電子マネーの種類と利用方法
    2. デビットカードのメリットと利用方法
    3. 銀行振込や口座振替の活用方法
  7. 社会人がクレジットカードを持っておくべき理由
    1. クレカがない生活はなにかと不便
    2. 現金のみでは商品やサービスに限りがある
    3. デビットカードはクレジットカードの代わりになる?
  8. Q&A
  9. クレジットカードは早めに持って慣れておいた方がいい -まとめ-

クレジットカードを持たないことのデメリット7つ

クレジットカードの所有には便利さやお得さがあります。

その反面、クレジットカードを所有しない選択には不便さや制限があります。

でも自身のライフスタイルや金融状況に基づいて、クレカを持つか持たないかを選ぶことが重要。

クレジットカードを持つことで便利さや特典を享受できますが、持たない場合はデメリットがあることが明らかです。

1. 出費が増えるとお金のやりくりが難しくなる

クレジットカードを持つことには、一時的な現金不足を補うというメリットがあります。

具体的なまとめとしては以下、

  • 支払いを後回しにできるため、一時的な現金不足をカバーできる。
  • 医療費や修理費など、急な出費があっても立て替えることができる。

でもクレジットカードを持っていないと、以下のような問題が生じる可能性が

  • 出費が増えると、すぐに現金が必要になり、お金のやりくりが難しくなる
  • 一時的な資金繰りが難しく、急な出費に対応しにくい

このようにクレジットカードの利用は、一時的な現金不足への対処や急な出費への備えに役立ちます。

クレジットカードを持つことで、お金のやりくりをスムーズにすることができるんです。

2. 金融商品の知識を学ぶ機会がなく無知のままになる

クレジットカードは、金融商品の一つであり、金融知識の幅を広げる良い機会となります。

具体的には以下にまとめてみました。

  • クレジットカードを持つことで、金融の基本的な概念や使い方を学ぶことができます。
  • クレジットカードの利用には金利、支払い期限、ポイント制度などの要素が関わります。

クレジットカードの利用によって、金融の基礎的な概念や使い方について理解を深めることができます。

3. クレジットヒストリーを作れない

クレジットカードを持つと、支払い履歴がクレジットヒストリー(信用履歴)として記録されます。

クレジットヒストリーは信用情報を反映したもので、返済履歴や借り入れ状況などを記録として残されます。

クレジットヒストリーがあれば有利

将来的に住宅や車の購入といった、大きなローンを組む際に、良好なクレジットヒストリーがあれば有利になるというわけです。

クレジットカードを持たないと、あなたの信用履歴を作る機会を逃すことになるんです。

4. 社会的信用が低いと思われてしまう

クレジットカードを持つことは、経済的安定性や信用力を示すひとつの要素となります。

クレジットカードを持たないと、

  • 一部の人々からは社会的信用が低いと思われる可能性がある。
  • レンタカーや賃貸物件の契約など、信用情報が必要とされる場面で不利になる。

クレジットカードを持っていないと、他の人々から見下される可能性がありますし、信用情報が必要とされる場面で不利になることも。

5. お得なクレジットカード特典が得られない

クレジットカードを所有し利用することで、様々な特典を得ることができます。

主だった特典とは、

  • クレジットカードには、ポイント還元やマイル還元、割引、特典などが付く。
  • 飛行機のマイルやショッピングポイントが付与される。
  • レストランやホテルでの割引、補償や保険など付帯サービス

クレジットカードを持っていないと、残念ですが、特典を享受することはできません・・・

6. クレジットカード決済のみのショップやサービスを利用できない

最近では、クレジットカード決済のみを受け付けているオンラインショップやサービスが増えています。

  • クレジットカード決済しか受け付けていない
  • デビットカードやプリペイドカードでは決済できない場合がある
  • 現金は使えない

クレジットカードを持っていない場合でも、デビットカードやプリペイドカードで決済できることはあります。

しかしデビットカードやプリペイドカードで決済できないネットショップやサービスもあるので注意が必要です。

クレカがない場合、これらのネットショップやサービスを利用することが制限されてしまいます。

7. 海外旅行では手間やデメリットが増える

海外旅行では以下のような理由から、クレジットカードが必要とされます。

  • ホテルの予約やレンタカーの予約など、予約手続きにクレジットカードが必要。
  • 現地での支払いもクレジットカードが便利。
  • 海外では現地通貨への両替レートが不利な場合が多いため、クレジットカードでの支払いが一般的。

海外旅行をする際にクレジットカードを持っていると、手続きや支払いにおいて便利です。

クレジットカードを持っていない場合は、これらの利便性を得ることができず、手間が増える可能性があります。


\入会金・年会費 無料/

新規入会&利用で 5,000 ポイント
年会費永年無料の楽天カードの詳細はこちら

クレジットカードを持たないことのメリット

クレジットカードを持たないことにも、また一定のメリットがあります。

しかしクレカを持たないことのメリットは、さほど大きなものでもありません。

借金のリスクがない

クレジットカードを持っていないと、過度の負債を背負うリスクが減ります。

これは特に支出管理に自信がない人や、衝動買いをガマンできない人にとっては大きなメリットでしょう。

借金のリスクを背負うのがイヤで、クレカを作らないって人もある程度います。

しかし安定した収入と計画的に返済できる能力があれば、ツールとしてのクレカは、大変便利なんですが・・・

クレジット破産しない

クレジットカードを持つと、適切な管理ができない場合、クレジット破産するリスクがあります。

クレジットカードを使い過ぎて、返済の目処が立たず、首が回らなくなった状態ですね。

しかしカードを持っていなければ、そのリスクはありません。

日々において、収入以上の買い物をクレカ決済してしまうと、必然的にカードの返済をできません。

自分の欲求を抑えられない人は、クレジットカードを持たない方がいいかもしれませんね・・・

クレジットカードを持っていない社会人の印象とリスク

社会人であるあなたがクレジットカードを持っていないというのは、一見驚きかもしれません。

クレジットカードは様々なモノやサービスが、後払いで買えるツールであり、便利さやセキュリティのために広く利用されているからです。

クレジットカードを持ってないとおかしい?

もちろん決しておかしくないですよ。

クレジットカードを持つかどうかは個々人の選択です。

持たないという選択があなたのライフスタイルや経済状況に適しているなら、それはそれで正しい選択です。

でも一般的にクレジットカードを持つ社会人の方が多いのも事実。

クレジットカードを保有している人の割合は、2022年時点で80%を超えているという統計もあります。

クレジットカードの必要性と社会人の生活

クレジットカードは、現代社会における財務管理の一部であり、また生活に便利さと快適さを与えてくれます。

オンラインでのショッピング

多くのオンラインショップでは、クレジットカードでの決済が主流。

一部のサイトでは、クレカ決済しか受け付けていない場合もあります。

現金で決済できたとしても、クレカ決済では発生しない振込手数料がかかったりするので何かと不便。

緊急時の資金調達

クレジットカードにはキャッシング機能があります。

急に現金が必要になった場合など、緊急時に迅速に資金を調達できます。

すぐに返済すれば、利息もかからず便利ですよね。

ポイント・マイル還元

クレジットカードは使うほどにポイントが貯まるシステムを持っています。

これらのポイントは商品やサービスの購入、旅行のマイルに交換することができるんです。

デビットカードのポイント還元率は0.1〜0.6%ですが、クレジットカードでは1〜2%、場合によっては、3%なんてことも。

クレジットカードがないことで生じる制約と不便さ

クレジットカードを持たないと、以下のような制約や不便さが生じることがあります。

  • オンラインでのショッピングが難しくなる
  • 旅行時のホテル予約やレンタカー予約が難しくなる
  • 緊急時の資金調達が難しくなる
  • ポイントやマイルが貯まらない

「クレジットカードを作りたい!無職でも貯金ありなら作れる?」では、社会人で無職だとしてもクレカは作れるか?

無職でも貯金があればいいのか?などについて解説していますので、ぜひ参考のしてください。

現金だけで生活するのは可能だが、クレカがあるとさらに便利

クレジットカードの所有には便利さや利益があります。

反対に所有しない選択には不便さや制限があります。

自身のライフスタイルや金融状況に基づいて最適な選択をすることが重要です。

クレジットカードを持つことで便利さや特典を享受できますが、持たない場合はデメリットがあることが明らか。

クレカ決済は簡単便利で時短

クレジットカードを使えば、レジでの精算がスムーズになり、時間の節約につながります。

またオンラインショッピングの際も、クレジットカード情報を入力するだけで購入が完了します。

現金を使うとなると、その都度ATMへの移動や操作が手間に感じます。

そんな手間に加えて手数料がとられます。そんな場合は手数料が安いネット銀行がおすすめ。

現金よりクレカ決済の方が節約効果が高い

クレジットカードにはお得な還元サービスがあります。

  • ポイント還元:利用金額に応じてポイントやマイルが付与される
  • キャッシュバック:利用金額に応じて現金が返ってくる

このように購入金額の一部が還元され節約にもつながります。


デビットカードにも同様の還元サービスはあります。

しかしデビットカードの還元率は低いです。

貯まったマイルやポイントは、現金のように利用できる

クレジットカードの利用で貯まったマイルやポイントは、現金のように使うことが可能です。

一部のカードでは、このポイントを直接現金に交換することもできます。

もちろんポイント数に応じた家電や飲食物、各種サービスと交換もお得で便利です。

現金払いではこのような還元はありません。

支払いまでに1ヶ月程度の猶予がある「あと払い」だから便利

支払いまでに1ヶ月程度の猶予がある「あと払い」だから便利

クレジットカードの場合、購入から1ヶ月程度の支払い猶予期間があります。

「あと払い」だから、現金が手元にない時でも購入が可能です。

他にはボーナス一括払いや分割払い、リボ払いなど、あなたに合った返済方法があります。

リボ払いは止めておいた方がいいです。

クレジットカードは購入から支払いまで猶予期間があるので、一時的な現金不足を乗り越えることができます。

お得な優待ショップ割引やサービスの充実

カードの提示・利用でいろんなサービスが割引になります。

  • グルメ
  • ショッピング
  • レジャー施設
  • 国内・海外旅行

さらに全国各地はもちろん、海外でもお得な優待が受けられます。

割引やサービスも各カード会社によって違うので、あなたの趣味や生活に合ったカードを選んでください。

あなたに合ったクレジットカードを利用することで、楽しみながら経済的なメリットを得ることが可能です。

旅行や買い物などのトラブル発生時の保険や補償

クレジットカードには、カード会社によって多くの付帯保険・補償があります。

  • 自動車保険
  • 海外旅行傷害保険
  • 国内旅行傷害保険
  • ショッピングガード保険
  • スマートフォン保険

これらの保険は一部で、自動付帯保険と利用付帯保険の違いはあったりしますが、万が一の時でも安心。

カード利用による海外旅行の際には、旅行保険が適用されることが多く、安心して旅行を楽しむことができます。

クレジットカードを利用した購入商品に対しては、製品の不良や紛失に対する保証がついています。

快適で便利なキャッシュレス生活と安心のセキュリティ対策

クレジットカードを使うと、キャッシュレス生活を実現でき、取引の履歴も確認しやすくなります。

特にカード会社はセキュリティに力を入れており、不正利用があった場合でも、大抵の場合は全額補償されます。

現金払いによる損をしてしまう

現金を使うと無駄に小銭がたまったり、おつりを間違えられるなんてことも。

また紛失や盗難の際には全額を失う可能性があります。

クレジットカードならば、これらのリスクを回避できます。

現金だけで生活することは可能ですが、クレジットカードを持つことで得られる便利さや経済的なメリットは大きいと言えます。

ただしクレジットカードは無計画な利用をすると、大きな借金を抱えるリスクもあるため、利用は計画的に行うことが重要です。

早めにクレカを持っておくと、いろんな恩恵を受られる

早めにクレカを持っておくと、いろんな恩恵を受られる

早くクレジットカードを持っておくと、収支管理や信用情報の形成、節約など、さまざまな面で恩恵を受けることができます。

自分のライフスタイルに合ったカード選びと適切な利用が重要です。

適正な収支管理が身に付き計画的な行動ができる

クレジットカードを持つことで、収入と支出を一目で確認し、適切な予算管理が可能になります。

これにより計画的な行動を促し、無駄遣いを減らせます。

具体的なメリットは以下の通りです。

支出の一目瞭然

カードの利用明細をチェックすることで、毎月の支出額を把握できます。

自分の生活費や特定のカテゴリーごとの出費が明確になり、収支のバランスを確認しやすくなります。

ライフスタイルの見直し

支出明細を振り返ることで、予想以上に特定の費目にお金を使っていた場合、自分のライフスタイルを見つめ直す機会になります。

例えば食費が高かった場合は、食費の見直しを行い、無駄な出費を減らすことができます。

予算立案の助け

クレジットカードを利用することで、予算立案がスムーズになります。

過去の支出履歴をもとに、将来の支出予測や貯金目標を立てることが可能。

これにより将来の財務計画をより具体的に進めることができます。

クレジットカードの持つ利点を活かし、自身の収支をしっかりと把握し、賢いお金の使い方を実現してください。

早いタイミングでクレジットヒストリー(利用履歴)が残せる

早期のクレジットカード取得は、クレジットヒストリーの形成や将来の利益に大きく関わる重要なステップです。

自身の信用スコアを向上させ、将来の金融ニーズに備えるために、早めに行動することをおすすめします。

以下にその理由を解説します。

信用履歴の形成

クレジットカードの利用履歴は、信用情報機関によって評価されます。

早期にクレジットカードを持つことで、長期間にわたる利用履歴を築くことができるんです。

長期間にわたる良好な信用情報を形成すれば、将来のローンやクレジットの申請時に有利になります。

信用度の向上

クレジットカードの利用履歴を通じて、支払い能力や責任感が評価されます。

定期的にクレジットカードを使用し、返済を適切に行うことで、信用度が向上

信用度が向上すれば、金融機関からの信頼度が高まり、低金利での借入やより良い取引条件を得ることも可能です。

未来の利益

早期にクレジットカードを持つことは、将来の機会を広げることにつながります。

クレジットヒストリーの充実は、新しいクレジットカードやローンの取得に役立ちます。

また、信用度が高まることで、住宅ローンや車のローンなどの大きな借入にも有利に働きます。

クレカのステータスアップが可能

クレジットカードは条件を満たすと、グレードアップすることができます。

これによりあらゆる面でのサービスの質を向上させるチャンスが広がります。

以下に、そのポイントをまとめました。

早期取得のメリット

早くからクレジットカードを持つことで、ステータスアップの機会を逃しません。

グレードアップの特典

クレジットカードの利用状況や信用度に応じて、カードのグレードアップが可能です。

カードがグレードアップすれば、利用に応じた還元率もアップし、空港ラウンジの利用など、様々な特典が得られます。

利用履歴の重要性

早期にクレジットカードを持ち、利用履歴を積み重ねることがステータスアップのチャンスを高めます。

クレジットカードのグレードアップは、特典やサービスの向上につながる重要な要素です。

早めにクレジットカードを取得し、利用履歴を育てることで、より充実した生活を送ることができます。

カードのグレードアップは年会費が高くなります

しかし、あなたのカードがグレードアップするころには、収入も現在より多く、資産形成もしっかりできているはずです。

節約スキルが身に付き貯金ができる

クレジットカードの利用によるポイント還元やキャッシュバックは、支出を節約するための有益な手段です。

以下に、そのメリットをまとめました。

支出の抑制

ポイント還元やキャッシュバックを利用することで、毎月の支出を抑えることができます。

ポイント還元やキャッシュバック、カードを使えば使うほど還元されるので、月々の光熱費をクレカ決済にすることもおすすめです。

節約スキルの向上

クレジットカードのポイントやキャッシュバックを上手に活用することで、節約のスキルを身につけることができます。

ポイント還元の効果

多くのクレジットカードは利用金額に応じてポイントを還元します。

還元サービスを活用することで、実質的な節約効果に。

例えば月に10万円のカード利用で1%還元のカードを使った場合、1,000円分のポイントが付与されます。

1年間で考えると、12,000円の節約になる計算です。

クレジットカードのポイント還元やキャッシュバックは、少額の節約から始めて貯金につなげる手助けとなります。

支出を抑えながら節約スキルを磨き、将来のための貯金を増やしていきましょう。

お得な年齢制限のあるカードを狙える

若い時期にクレジットカードを持つことには、特典を受けられるメリットがあります。以下に、そのポイントをまとめました。

年齢制限の特典

一部のクレジットカードは年齢制限があり、若い時期に申し込むことで、特別な特典を受けられます。

若年層向けのお得な特典

若年層向けのクレジットカードには、手数料無料や高いポイント還元率など、お得な特典が多く存在します。

効率的な恩恵の享受

若年層向けのカードを上手に活用することで、クレジットカードの恩恵をより効率的に受けることができます。

若い時期にクレジットカードを持つことで、若い人限定の特典を受けることができるんです。

お得な特典を活用しながら、クレジットカードを上手に使いこなしていきましょう。

クレジットカードを持ってない社会人が使える代わりの決済方法

クレジットカードを持ってない社会人が使える代わりの決済方法

クレジットカードを持たない場合でも、以下の3つの決済手段を利用することで、生活をスムーズに進めることができます。

  1. 電子マネー
  2. デビットカード
  3. 銀行振込や口座振替

自分のライフスタイルに合った方法を選ぶことが大切です。

電子マネーの種類と利用方法

電子マネーは、クレジットカードなしでも利用可能な便利な決済手段です。

電子マネーにもさまざまな種類があり、それぞれの特性を活かして使い分けることができます。

公共交通機関だけでなく、コンビニやスーパー、ドラッグストア、飲食店での決済に便利。

交通系IC

公共交通機関だけでなく、コンビニやスーパー、ドラッグストア、飲食店、自販機での決済に便利。

日常の移動や買い物の手段として便利に活用することができます。

  • Suica 
  • PASMO 
  • ICOCA 

流通系IC・ポストペイ型

「流通系IC」とは大手のショッピングストアやスーパーで使えるカードです。

「ポストペイ型」とは「おサイフケータイ」対応のスマホや専用アプリを使って支払う方法です。

どちらもプリペイド式で入金した分だけ利用できるため、多く使いすぎることはありません。

もちろんクレジットカードやデビットカードと連携して、ポイントを稼ぐこともできます。

  • PayPay:スマホひとつでカンタン・おトクに支払いできます
  • nanaco:イトーヨーカドーやセブンイレブンをよく利用するなら
  • WAON:イオンでの多彩な優待が魅力
  • 楽天Pay:使える店舗も幅広く楽天ポイントが貯まる
  • QUICPay:JCBのデビットカードで使えます。

これらの電子マネーを上手に活用することで、便利な決済体験を享受できます。

クレジットカードを持たなくても、スムーズなお買い物ができるので、ぜひ活用してみてください。

デビットカードのメリットと利用方法

デビットカード

デビットカードは、銀行口座から直接引き落とされる決済方法で、クレジットカードと同様に店頭やインターネットでの決済が可能です。

リアルタイムで引き落とされるため、無理な出費を抑えやすいというメリットがあります。

デビットカードの特徴は以下、

  • 銀行口座から直接引き落とされるので、借金の心配がない。
  • リアルタイムで引き落とされるため、出費を管理しやすい。

ただしデビットカードを使う際には、銀行口座の残高を確認しながら使う必要があります。

しっかりと自分のお金の管理をすることで、スムーズな決済と財布への負担軽減を実現できます。

デビットカードは、賢く利用することで便利さを最大限に活かせる決済方法です。

「デビットカードのみで生活はできるが、不便なことはある」では、デビットカードで生活する場合のメリットやデメリッについて解説。

合わせてご覧いただくと、やはりクレジットカードが便利だと分かるはずです。

銀行振込や口座振替の活用方法

クレジットカードがない場合の決済手段として、銀行振込や口座振替も有効です。

特に公共料金や家賃などの定期的な支払いに便利。

銀行振込や口座振替の特徴をまとめると以下の通りです。

  • 定期的な支払いに適している。
  • 手数料がかかる場合があるため、事前に条件を確認する必要がある。

これらの決済方法は、定期的な支払いに利用すると便利ですが、振込手数料の有無や金融機関ごとの条件に注意する必要があります。

自分のライフスタイルや支払いニーズに合わせて、最適な方法を選びましょう。

社会人がクレジットカードを持っておくべき理由

社会人がクレジットカードを持っておくべき理由

社会人としての生活をより便利に、そして賢く進めるためには、クレジットカードの利用を検討することがおすすめ。

ただしその上でクレジットカードの利用は計画的に、そして責任を持って行うべきです。

金融商品としてのクレジットカードは、社会人の生活における様々な場面で大きな利便性を提供します。

以下にその理由を述べます。

クレカがない生活はなにかと不便

クレジットカードがない生活は確かに不便です。

クレジットカードは手軽に決済でき、さらにはポイント還元などの特典も受けられるからです。

便利な決済手段

クレジットカードを持てば、一部の店舗やサービスでの決済がスムーズに行えます。

現金を用意する手間や小銭のやり取りを気にする必要がありません。

ポイントや特典をお得に利用

クレジットカードを使えば、利用金額に応じたポイントが貯まったり、特典が受けられることがあります。

これによってお得な買い物や特典の利用が可能です。

クレジットカードの利用は便利さや特典の享受をもたらし、現金を使う手間も省けます。

ただしクレジットカードを利用する際には収入以上の借金をしないよう注意し、責任を持って利用することが大切です。

現金のみでは商品やサービスに限りがある

現金だけで生活することはできますが、クレジットカードがあると便利な場面があります。

具体的には以下のような場合です。

オンラインショッピングやサブスクリプション

オンラインショッピングや定期的なサービスには、クレジットカードが必要なことが多いです。

クレカ決済が前提となっていることが多いため、クレジットカードを持つことで幅広い商品やサービスにアクセスできます。

旅行や予約

旅行やレンタカー、ホテル予約などでもクレジットカードは必須です。

クレジットカードを持っていると、予約手続きがスムーズに行えるだけでなく、現地での支払いも便利に行えます。

これらの場面ではクレジットカードが必要となることが多く、デビットカードやプリペイドカードが使えないこともあります。

デビットカードはクレジットカードの代わりになる?

デビットカードは、クレジットカードと同様に店頭やオンラインでの決済に利用できます

しかし以下のように、いくつかの異なる点があります。

直接口座から引き落とし

デビットカードの利用時には、直接銀行口座からお金が引き落とされます。

つまり支払いは即座に口座から行われるため、クレジットカードのような後払いや分割払いはできません。

あなたの銀行口座の残高の範囲でしか使えないので、口座残高を確認しながら使う必要があります。

信用機能のないカード

デビットカードにはクレジットカードのような信用機能がありません。

そのため自分が持っている口座の残高範囲内での利用に限られます。

つまり借金をすることなく、自分のお金で支払いが完了します。

デビットカードは一部のホテルやレンタカーなどで受け付けられない場合があるので、利用する際には事前に確認が必要。

特典や保険などの付加価値も、クレジットカードと比べて限定的です。

自分のライフスタイルや支払いスタイルに合わせて、使い勝手を考慮して選ぶと良いでしょう。

Q&A

Q&A
Q
クレジットカードを持たないデメリットは何ですか?
A

クレジットカードを持たないことには、出費管理の難しさや金融商品の知識の欠如、クレジットヒストリーの制約など、さまざまなデメリットがあります。

Q
クレジットカードを持っていない人の割合はどのくらいですか?
A

2022年時点で80%を超えているという情報もあります。

クレジットカードを持っていない人の割合は一定数存在します。一般的には、クレジットカードは広く普及しており、多くの人が利用しています。特に若い世代や都市部の人々の間では、クレジットカードの利用が一般的となっています。

Q
クレジットカードを早く持つことのメリットは何ですか?
A

若いうちからクレジットカードを持つことにはいくつかのメリットがあります。

適正な収支管理が身につき、計画的な行動が可能になること。利用履歴が蓄積され、信用情報が構築される。お得な年齢制限のあるカードを狙えることも大きなメリットとなります。

Q
クレジットカードを持つことのリスクについて教えてください。
A

クレジットカードの利用には計画性と自己管理が重要です。

適切な利用ができれば非常に便利なツールですが、無計画な利用は財務を危険にさらすことがあります。

利用額が収入を超えてしまうと、返済が困難になり、信用情報が悪化する可能性があります。

クレジットカードは早めに持って慣れておいた方がいい -まとめ-

社会人の皆さんにはクレジットカードの持ち方と使い方について理解していただきたいなと思っています。

なぜクレジットカードを持つべきかっていうと、それは何よりも利便性にあります。

手軽に決済でき、お得なポイントがたまるし、いざという時の緊急資金にもなりますよね。

それにETCなど、いくつかのサービスはクレジットカードがないと利用できません。

オンラインショッピングや旅行の予約など、クレジットカードのある生活はやはり広がります。

そして若いうちから持つと、将来的にいろいろな恩恵を受けられます。

  • 計画的な収支管理
  • 節約スキルの習得
  • カードのステータスアップ
  • 利用履歴の蓄積
  • お得な年齢制限のあるカードの利用

でもクレカは持つからには計画的に、そして責任を持って使うべきです。

決して使いすぎたり、支払いを怠ったりしないように気をつけてください。

クレカがない場合、デビットカードや電子マネーなども選択肢となります。

これらも一部制限がありますから、使い方には工夫が必要です。

皆さんがより便利で豊かな生活を送れるよう、賢い金融商品の利用を心がけてみてくださいね。

「クレジットカードをたくさん作ることのメリットとデメリットとは?」では、クレカはたくさん作った場合のメリット・デメリットについて解説。

やはり2〜3枚が持つことがおすすめですが、それ以上持つとどうなるのか?

タイトルとURLをコピーしました